P O S T S

魚座満月 – 心の眼と信頼が導く世界 –

魚座満月 – 心の眼と信頼が導く世界 –

2021.9.21 日本では朝、魚座満月を照らす太陽が空(宙)で輝きます。とっても神秘的な 

呼吸というMRI – 前編 –

呼吸というMRI – 前編 –

『呼吸』と『MRI』から観る宇宙のエッセイ前編。 まずは、少しばかり私が呼吸法との出会いを 

乙女座新月 –  素直さの相互作用 めぐる新月-

乙女座新月 – 素直さの相互作用 めぐる新月-

2021.9.7 日本時間9:52頃に乙女座の新月は太陽と共に空(宙)で輝きます。” 素直さ “と” 俯瞰する視点 “が私たちの豊かな今を響かせるエネルギーに溢れています。引き続き自己調整していくサポートがあり、あなたに対してクリアになるエネルギーをキャッチしやすいでしょう。心身、生活、才能を大切にする。その一つ一つは、あなたの豊かな感覚と丁寧な生活とリンクしていて、私たち自身のエネルギー、地球のエネルギーでもあります。そこに” 素直さ “が大事になります。” 素直さ “は心の内から輝きます。もしも、頭で考えすぎてしまうことがあったら焦らず胸に意識を向け深~く深呼吸しながら肩の力を緩めてみるといいかもしれません。

またこの時期まで自己調整や本心を再確認したり、より見えてきたりしていたら” 俯瞰する視点 “がここからとてもサポーターになります。その明らかになったあなたのやることの全体から、今度はどのようにするか・今やることはどんなことかを丁寧に明確化するのも良さそうです。この際も、自身の五感や心に直感に素直になることで明確なルートのリンクが見えやすくなります。

多様性の広がりのなか、どれが真実なのか何が本心なのかわからなくなることがあったとしても大丈夫。その瞬間は一休みして落ち着いてからはじめる。まずは自身が今どんな感覚かを知る。そこにはずっとあったけどこっそり隠れていた自らの望みや本心が現れるかもしれません。今回の月の巡りとして、自身の表見に関することやコンプレクスに感じていることも可能性としてあります。もしも、見えたならまずはその存在をただただ知る。それでOK。あとは、自然に委ねる。癒えるエネルギーもやさしく満ち溢れています。あなたが知ることで、素直に自身の弱みに観えているところも含めて自然に委ねることでそっと癒しのエネルギーが巡ります。

また、多様性がヘルプになることも!ダイバーシティの今だからこそ、活かしたい何かイキイキすることもあるかもしれません。そのようなことを活かすにもリンクルートへ進む際もわからなので自然に委ねている時も、やはり自身への素直さや丁寧さがサポーターとなります。

そして、天体たちはこの地球に生きることは互いの才能・存在の輝きのつながりだよとサインしているかのようです。手と手をつなぐ、もしも困ったら素直にヘルプの手を伸ばし、反対の時は手を差し伸べる。もしも豊かな喜びを素直にシェアしたくなったら手を伸ばし、大切に受け取る。そのような素直さの相互作用のエネルギーが巡っています。

ここから満月まで、素直にマイペースに心の内を行動してみるとだんだんスッキリ整って余白ができちゃうこともあるかもしれませんね。

あなたの自然な心地よいイマと新月とありますように。お読みいただきありがとうございました。

Asaki

水瓶座満月- OSのアップデートと次なるOSへ巡る満月 –

水瓶座満月- OSのアップデートと次なるOSへ巡る満月 –

2021.8.22 日本時間21:02頃、月は水瓶座の終わりの位置で満月は空(宙)を飾りま 

【コラボエッセイ】VOL.4 モヤモヤとの付き合い方ASAKI’S CASE

【コラボエッセイ】VOL.4 モヤモヤとの付き合い方ASAKI’S CASE

モヤモヤを辿った先に モヤモヤはなぜ起こりどこからやってくるのか。私たちのモヤモヤの現れ方 

【コラボエッセイ】VOL.3 当たり前のアップデートASAKI’S CASE

【コラボエッセイ】VOL.3 当たり前のアップデートASAKI’S CASE

当たり前 – 生命リズムのアップデート

当たり前のこと、それは進化し続ける生命のリズム。意識していることも無意識のことも、その当たり前は千差万別のように見えて、本質はありがたく尊いこと。学びと愛と感謝の連続のようだと感じるのです。アップデートしていく毎に表現力がより豊かになり、瞬間瞬間にバランスとリズムを織り成し存在して広がるエネルギー。確実に、約10年前と今とでは現象も表現方法も進化します。それと共に、何か軸のような根源はずっとそのままあるようなまた深く壮大になるようにも感じています。当たり前を通し、” 生命のリズム “について少し綴ってみたいと思います。

当たり前を思い起こす

私たちはこの地球に生まれた瞬間、当たり前に呼吸をし始めます。肉体へと宿り生命誕生の瞬間。その呼吸は誰かが教えてくれた訳でもなく無意識に始めたかのようでした。わたしたちの本能・細胞に呼吸のバランスとリズムがずっと刻まれてきたのです。10年ほど前の私は、がんの再発後の後遺症が治まってきた頃。それまでの闘病生活の中で極度の痛みの際、呼吸を通して緩和する方法が自然と身につきました。がんの治療に取り入れていた自然療法の一つであるヨガの学びを通して後に呼吸を深く学びました。この頃には痛みを緩和する・副作用の対処・緊張する検査のための呼吸法などが自分の一部となりとても当たり前になっていまいた。呼吸を学んだ際、” 当たり前 “にしていた事の” ありがたさ “を改めて感じ、どこか懐かしさに似た感覚を感じた氣がします。現在も友人がふと伝えてくれたことがありました。「呼吸が長いね。深いね。」私にとって何か大切なところを思い起こすかのような言葉でした。当たり前だったことがふと何かを思い起こさせてくれるとき、何か奥底からの氣づきや次なる道しるべに巡り会えたような感覚になります。どこか人生のリズム、生命のリズムが記憶していることをこの瞬間に思い出すとわかっていたような、そしてより豊かになる瞬間だと感じています。

当たり前の意識と無意識は表裏一体

日常の中、私たちは順応性を活かし生命リズムを奏で生活します。この時、意識している事と無意識になっている事が共存します。表裏一体となり当たり前に日常を創り過ごします。こんなことがありました。誰かは波乱万丈で大変な人生だと、誰かは奇跡的な幸せな人生だと私に伝えてくれました。そう伝えてくれた相手からは良し悪しではなく、対象となる私に愛情と敬意を持って伝えてくれたのを感じました。当たり前が映すその景色の見え方は異なること、この見え方に影響している事の一つは” 無意識 “が関係していることも学びました。同時に自分が自分に問い掛けているかのようでした。無意識の当たり前を知ることは、何より生命リズムがとても整うと実感しています。こういう無意識があったんだなと氣づいて、私がわたしにそうだったんだね!氣が付いたよ!と自身の心に寄り添うと、それは全てに反映さるので顔色や体調、人生にも出てきます。もともとが豊かな今である事、より豊かさに溢れることでもあると感じます。会話を通してなど、知る方法はたくさんありますが、私の場合とても身近なのが、呼吸法・瞑想です。無意識を認識したり根本を思い起こす循環をクリアにし促してくれます。心身の変化、氣の合う人との会話などもそうです。

茶道教室に通っていた幼少期、先生がお稽古がはじまる前に必ず質問してくれた言葉があります。「今Asakiちゃんは、どうしてここにこれたの?」また家に帰ると母が「今日はどうだった?」と聞いてくれました。それは” 今 “を観る。今この瞬間が在ることへの大切な質問たっだと感じます。ここに在ること、これたこと、できること、感じていること全てありがたいことだと精神を通して学ぶことができました。これからも一生忘れない言葉たちです。ちょっとした当たり前も10年経てばやはり進化します。この言葉たちもそう、あの時のままではなくより広がりました。その大切な当たり前とこれからも生命リズムのアップデートをしていきたいと思います。

みなさまの当たり前、無意識はどんなことでしょう?豊かな心地よいイマと人生とありますように。お読み頂き誠にありがとうございました。

当たり前のアップデートのパラレルはこちらから

By Asaki

最新の記事

【ホリスティック】“ 癌 “と歩み“ がん “が教えてくれたこと。命の宣告 – はじまり –

【ホリスティック】“ 癌 “と歩み“ がん “が教えてくれたこと。命の宣告 – はじまり –

はじめに この項ではエネルギーの事、生きて在る事そして15年間ガンと過ごした日々を通し経験 

【コラボエッセイ】VOL.2 今のライフスタイルに向かうプロセスASAKI’S CASE

【コラボエッセイ】VOL.2 今のライフスタイルに向かうプロセスASAKI’S CASE

それぞれのプロセスが” ココ “へ繋がり次へつながる 1 今のライ 

【エッセイ】 The consciousness of kite

【エッセイ】 The consciousness of kite

風がからだをすり抜け、木々の語りと交わり空の巡りに心委ねた時。このようなエネルギーのインスピレーションが壮大に広がりました。

” 凧を空・宇宙に飛ばす子どもがいます。心地よい風がその子を運びます。足は地に着き根ざす氣と共に安定しています。心地よい風がその子をスーっと果てしなく運びます。その子はその風に委ねています。

手には凧と繋がる糸を優しく持ちます。持つだけです。舵を取るのは手ではなく凧。その子は空・宇宙に舞う凧と景色を楽しみます。凧と共に意識があります。共に舵を取る手も見えていて繋がっています。そして風にのり続けていく。地の底を感じ、風にのり、日を浴び、海を越え、空・宇宙のように在る。

その凧は太陽を背にしてまるで光っているようです。太陽を過ぎ飛んでいって凧のように感じていた姿は消えてもずっと輝いています。ずっと輝いている。その輝きの先は、また輝きの先とつながっています。凧もその子もつながる全ても輝きに溢れる。その子が凧と空を見つめる眼差しのように。”

その自身の輝きと手をつなぎ生きることは終わりなき歩みだと感じます。

そしてこの地球でする大いなる至福のようにも感じます。その手を観る意識と共に輝くとき、あなたもあなたのつながりも地球も宇宙も輝くような。

わたしたちはエネルギー。イマジネーション力豊かな。そしてわたしたちのエネルギーはすぐにつながり、そのエネルギーは自ら意図を持つこともできる。なんて美しいだろうと感動してしまいます。どう意図を持ちどう生きるか。それは心に身体にそして現象に現れる。

みなの心をひとつにするならば、そこからエネルギーが生まれる。

星読みを通してもそうですが、この数年・1年・半年・今年に入ってからより変化や新たな氣付き・確信や腑に落ちたことなどもあったり、4月の新月でも自身の在り方がより深まったり。もちろんこれまでの全てを含めて。

どこか懐かしいようなニュアンスもを持つ思い出すような感覚が巡ります。そのエッセンスたちは、心身をより知り整える。それはこの世界・地球・宇宙と連動している。わたしたちは果てなくつながっているよう。

そして豊かなエネルギーが在る。地球には朝が来て夜が来る。この瞬間をこの心をその凧とある子どものように見つめていようと。

心地よいイマとありますように。

by Asaki

WATASHI ORGANIC

WATASHI ORGANIC

Logo / Package design

WATASHI ORGANIC 

https://www.nakayashiki-yume.com