【エッセイ】 The consciousness of kite

【エッセイ】 The consciousness of kite

風がからだをすり抜け、木々の語りと交わり空の巡りに心委ねた時。このようなエネルギーのインスピレーションが壮大に広がりました。

” 凧を空・宇宙に飛ばす子どもがいます。心地よい風がその子を運びます。足は地に着き根ざす氣と共に安定しています。心地よい風がその子をスーっと果てしなく運びます。その子はその風に委ねています。

手には凧と繋がる糸を優しく持ちます。持つだけです。舵を取るのは手ではなく凧。その子は空・宇宙に舞う凧と景色を楽しみます。凧と共に意識があります。共に舵を取る手も見えていて繋がっています。そして風にのり続けていく。地の底を感じ、風にのり、日を浴び、海を越え、空・宇宙のように在る。

その凧は太陽を背にしてまるで光っているようです。太陽を過ぎ飛んでいって凧のように感じていた姿は消えてもずっと輝いています。ずっと輝いている。その輝きの先は、また輝きの先とつながっています。凧もその子もつながる全ても輝きに溢れる。その子が凧と空を見つめる眼差しのように。”

その自身の輝きと手をつなぎ生きることは終わりなき歩みだと感じます。

そしてこの地球でする大いなる至福のようにも感じます。その手を観る意識と共に輝くとき、あなたもあなたのつながりも地球も宇宙も輝くような。

わたしたちはエネルギー。イマジネーション力豊かな。そしてわたしたちのエネルギーはすぐにつながり、そのエネルギーは自ら意図を持つこともできる。なんて美しいだろうと感動してしまいます。どう意図を持ちどう生きるか。それは心に身体にそして現象に現れる。

みなの心をひとつにするならば、そこからエネルギーが生まれる。

星読みを通してもそうですが、この数年・1年・半年・今年に入ってからより変化や新たな氣付き・確信や腑に落ちたことなどもあったり、4月の新月でも自身の在り方がより深まったり。もちろんこれまでの全てを含めて。

どこか懐かしいようなニュアンスもを持つ思い出すような感覚が巡ります。そのエッセンスたちは、心身をより知り整える。それはこの世界・地球・宇宙と連動している。わたしたちは果てなくつながっているよう。

そして豊かなエネルギーが在る。地球には朝が来て夜が来る。この瞬間をこの心をその凧とある子どものように見つめていようと。

心地よいイマとありますように。

by Asaki